期間工の仕事が向いている人とそうでない人

期間工とは期間従業員のことで、主に製造メーカーでライン工として働く人を指しています。

代表的なのが、自動車製造工場での作業です。
予め割り振られた部署で、期間を通して働きます。そのため、一度仕事を覚えてしまえば楽に感じます。


単調な仕事をすることが好きな人には向いていると言えるでしょう。

また、体を使う仕事であるため、体を動かすことが得意な人にも向いています。


期間工は、契約期間が限られているというデメリットがありますが、給料面は良いです。

交代勤務や残業をこなしていれば給料をたくさん稼ぐことができます。

また、寮で生活するので、住居費、光熱費はかかりません。普段生活するために使う費用をかなり節約できるので、期間満了時には給料の大半を貯蓄できます。そのため、それを元手に何かしたいという人にはおすすめです。

期間満了後は、また別のしごとを探さなくてはなりませんが、期間を空ければ同じ会社で再び期間工として働くことはできます。

以前きちんと期間を全うして働いた人は、採用を優遇される傾向にあります。

OKWaveに関するお悩み解決にはこちらです。

また、基本給も挙げてもらえる可能性があります。

一応期間工には、正社員登用への道があります。

倍率はかなり高く、採用される割合は低いです。



しかし、ゼロではなく、きちんと仕事をこなし、技術を磨いていける人ならば、採用される可能性は高まります。

よく利用されているスバルの期間工使いやすさが好評です。

したがって、こつこつ仕事をこなし向上心を持って取り組める人ならば、期間工に向いています。